プロフィール

英語道を歩む薫

 

中学1年生で初めて英語と出会う。

 

英語の授業が楽しくて、大好きで、

ワクワクしたことを覚えている。

 

英語に力を入れていた進学校に入学するも、

中途半端にしか勉強せず。

 

国際線のキャビンアテンダントになる夢を

漠然と描き、ハワイに留学。

 

10代でハワイに留学した私は、何を勉強しに

行ったのか、他の誘惑が多く中途半端な

英語力のまま1年半後帰国。

 

中途半端なので当然航空会社に就職が

決まらず、とりあえず(失礼ながら)

パナソニックに入社。

 

その後も何度か航空会社に挑戦するも、

中途半端なので当然採用されず。

 

パナソニックでは国内営業部門に配属され、

全く英語を使う機会はなく何となく常に

不完全燃焼。

 

育児も落ち着いてきたころ、ユーザーながら

教材をうまく使えていなかったため、自宅で

ディズニー英語システムの会員専用英語教室

ABCクラブを始める。

 

6年半ほどで教室は閉じるも、その後営業、

オリエンテーションの司会、外国人講師の

アシスタント、テレアポスタッフ等を務め

約12年間幼児英語教育に携わった。

 

約2年半前、得意なこと1つくらいは

中途半端でなく、自分が納得いくレベルまで

がんばってみようとTOEICの勉強を独学で

スタートする。

 

780点からスタートして現在965点。

 

990点満点まであと25点。

 

私が生きていく上で英語が強力な武器

なるまで磨き続けていくし、死ぬまで

そこに終わりはないと思っている。

 

2020年英語教育改革で大きく

日本の英語教育が変わろうとする中、

「私には何ができるだろうか」

様々な英語教育現場を視察中。

 

妻として母として嫁としての薫

 

1995年、職場で出会った夫と結婚。

 

出産退職後、翌年娘を出産。

 

3年後、息子出産と同時に購入した

マンションに結局1年しか住むことができず

関東へと転勤が決まる。

 

30年間住んだ関西の地を離れ、誰ひとり

知り合いのいない千葉の社宅へ引っ越し。

 

4歳と1歳の多忙な育児の中、突如

パニック障害の発作を起こす。

(その後半年ほどで復活)

 

大阪には戻る予定はなく、娘が小学校、息子が

幼稚園に入るタイミングで、夫の実家で同居

スタート。

 

義祖母、義母、私達家族の波乱万丈

4世代同居はその後12年間続くこととなる。

 

途中、義妹含め7人の大家族だった時期もある。

 

数年前義祖母が99歳でこの世を去ってからも

義母との同居生活が続いている。

 

約3年前、運命的なメンター(指導者)との

出会いがあり、20年間不仲で、離婚の

危機だった崩壊寸前の家族を救ってもらう。

 

現在は、娘は看護師となり独立し、働き者の

夫と、一浪の末東大に入学した息子と、弱り

始めた義母と4人で幸せに暮らしている。