Introduction2【THE ALCHEMIST】

こんにちは。二本松薫です。

 

朝から沖縄CAFE MUSICで癒やされています。

石垣島・八重山諸島へのひとり旅楽しかったなぁ。

 

つづき

 

内なる声に従おうとすると出てくる障害
種類あるんだというところの1つ目の途中
で終わっていましたね。

 

If we have the courage to disinter dream,
we are then faced by the second obstacle:
love.

 

もし夢を追いかける勇気を持てたとしても
次なる障害が現れます。です。

 

We know what we want to do, but are
afraid of hurting those around us by
abandoning everything in order to
pursue our dream.

 

本当はやりたいことがあるけれど自分勝手に
夢を追いかけることで周りの人達を傷つけて
しまうのではないかという恐れです。

 

We do not realize that love is just a
further impetus, not something that
will prevent us going forward.

 

とは前進するための推進力であって決して
それを邪魔するものではありません。

 

We do not realize that those who genuinely
wish us well want us to be happy and are
prepared to accompany us on that journey.

 

私たちは私たちに心から幸せになってもらい
たいと思っている人達は旅に同行してくれる
準備ができていると気付かないのです。

 

Once we have accepted that love is a
stimulus, we come up against the third
obstacle: fear of the defeats we will
meet on the path.

 

愛が応援してくれことだと気付くと、今度は
3つ目の恐れが出現します。旅の途中で
出あうであろう失敗することへの恐れです。

 

We who fight for our dream suffer far more
when it doesn’t work out, because we cannot
fall back on the old excuse: “Oh, well, I
didn’t really want it anyway.”

 

夢を追いかけている人々はうまくいかない時
大きな苦しみを味わいます。今まで使っていた
「別にやりたかったわけじゃない。」という
言い訳ができないからです。

 

We do want it and know that we have staked
everyting on it and that the path of the
personal calling is no easier than any
other path, except that our whole heart
is in this journey.

 

自分で望んだことであって、全てをかけると
決めた。全身全霊でその旅を全うしようと
思えなければその道はいかなる道を行くより
も厳しいものとなります。

 

Then, we warriors of light must be
prepared to have patience in difficult
times and to know that the Universe is
conspiring in our favor, even thouh we
may not understand how.

 

なので、私たち光の戦士たちは困難に立ち
向かう準備をしなければならないし、なぜか
わからないけれど宇宙は必ず味方してくれる
ということを信じていなければなりません。

 

I ask myself: are defeats necessary?

 

私自身に問いかけてみます。
「失敗は必要なのだろうか?」

 

Well, necessary or not, they happen.

 

さて、必要であろうがなかろうが起こる
(残念ながら)

 

When we first begin fighting for our
dream, we have no experience and make
many mistakes.

 

私たちは最初自分の夢を追求しようとした時
経験がないから多くの間違いをします。

 

The secret of life, though, is to fall
seven times and to get up eight times.

 

『人生の成功の秘訣は七転び八起き』

 

So, why is it so important to live our
personal calling if we are only going to
suffer more than other people?

 

なんで他の人達よりもずっと大変な思いを
してまで自分の心の声に従って生きることが
そんなに大切なんだろうか。

 

Because, once we have overcome the defeats
-and we always do- we are filled by a
greater sense of euphoria and confidence.

 

なぜならば、その困難を乗り越えた先には、
それは必ず乗り越えられるのだけれど、
経験したことのない幸福感自信で満たされる
からです。

 

In the silence of our hearts, we know that
we are proving ourselves worthy of the
miracle of life.

 

心を静寂に保てば、私たちは奇跡のような人生
を生きるに値するとわかります。

 

Each day, each hour, is part of the good
fight. We start to live with enthusiasm
and pleasure.

 

毎日毎時は有限であり興奮や喜びと共に私達
は生き始めるべきなのです。

 

Intense, unexpected suffering passes more
quickly than suffering that is apparently
bearable; the latter goes on for years
and, without our noticing, eats away at
our soul, until, one day, we no longer
able to free ourselves from the bitterness
and it stays with us for the rest of our lives.

 

激しい予想外の痛みというのは意外に早く治る
けれど、見たところ耐えられそうな痛みという
のは何年にも渡って続いたりする。しかも、
気付かぬうちに魂をむしばみ、気付いた頃には
手遅れになっていてその痛みから自分を開放
することができなくっていて、死ぬまでその
痛みと共に生きることになる。

 

TO BE CONTINUED

 

種類の障害まで出てきましたね。

 

私も全く同じプロセスをたどりました。

 

パウロさん自ら失敗は必要なのかと問いかけ、
必要とか不要ではなくて免れないというくだり
笑ってしまいました。

 

挑戦と失敗はセット販売ですからね。

 

挑戦しない平凡な人生であれば失敗もしないで
しょうけれど絶景も見れません。

 

高い山に登るほど想像を絶する絶景を目に
することができ震えるほどの感動を味わえる
わけです。

 

最後のところ、まるで病気のことみたいですね。

 

急性は激しいけどすぐ治る。

 

慢性は死ぬまで治らないことが多い。

 

何となく不完全燃焼な人生を生き、死ぬ直前
後悔するパターンです。

 

8割~9割の人はを直前に後悔を語るそうです。

 

「もっと~しておけばよかった。」

「あの時やっておけばよかった。」

「あんなこと言うんじゃなかった。」

 

人生の主人公は自分ですから喜劇にするも
悲劇にするも平凡にするも冒険にするも
その人次第。

 

誰にも遠慮する必要はないし、周りも自分の
設定に合わせて役柄を変えてくれますから。

 

まだ旅も始まっていないのに、パウロさんが
熱く語っているからintroductionの段階で
かなり濃いことになっています。

 

さて、残り3分の1のパウロさんの語りを
終えればいよいよ旅のスタートです。

 

Let’s enjoy our journey!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です