セルフカット【思想】

こんにちは。二本松薫です。

最近の小学生しっかりしてるよな・・・

感心します。

 

人生即芸術

 

最近は自分で髪の毛を切っています。

 

私のメンターは芸術家なので昔から美容院
に行かずセルフカットしています。

 

髪の毛は美容院か理髪店に行ってプロに
切ってもらうものと思い込んでいたので
自分で髪の毛を切るという発言が衝撃的でした。

 

そういえば昔は子ども達の髪の毛を私が
切っていたこともありました。

 

でも・・・

 

大人が自分で自分の髪の毛を切るという発想
は全くありませんでした。

 

前髪は自分で切っていましたけどね。

 

美容院に行った時、勝手に自分で切っちゃって
すみませんとよく謝っていました。

 

自分の髪型なのに謝る必要もないんですけれどね。

 

今年に入り、思い切りショートカットにしました。

 

カット技術の高いお気に入りの美容師さんが
いる美容室が距離的に遠く通えない日が続き。

 

ちょっと自分で切っちゃおう!と昔子どもの
カットをしていた頃のハサミでチョキチョキ
切っていたら止まらなくなり。笑

 

原型はカリスマ美容師さんに作ってもらって
いるので、そこに手を加えて伸びてきたら
切ったりすいたり自由に好きな時に好きな
ように切っています。

 

自分の髪の毛は自分が一番よく知っているし
こうしたいという要望を伝えても美容師さん
に全て伝わる訳ではありません。

 

自分で切れば自分の好きなようにできます。

 

プロのようにはいかなくても、別に誰に迷惑
かけるわけでなし。

 

ヘナで好きな時に髪を染めて、好きな時に
好きなようにカットして。

 

美容院に行く時間もお金も節約できて何より
自由で気に入ってます。

 

髪の毛も断捨離

 

失恋したら髪を切るとか・・・

 

心機一転髪を切るとか・・・

 

節目にバッサリ長い髪の毛を切る人多いですよね。

 

1年間で10センチくらい伸びるとすると、
5年以上前の自分が毛先に残っていたりします。

 

昔はずっとロングヘアーでしたが、短い方が
心身軽やかであることは間違いありません。

 

洗うのも乾かすのも時間とシャンプーの節約
にもなりますしね。

 

何年も前の自分を残しているなんて、今は
ゾッとして二度と伸ばそうとは思いません。

 

身体も考え方も持ち物もシンプルだと自由で
軽くて楽ちんです。

 

今、突然天災で物質を全て失ってしまったと
しても何の恐れもありません。

 

昔はブランド品大好きな物欲女で贅沢が大好きで。

 

宝石やアクセサリーも大好きでした。

 

最終的には物質は最低限でいいやという
ところに落ち着きました。

 

思い込み

 

「髪の毛はプロの美容師さんに切ってもらうもの」

 

と決めつけていたように。

 

思い込んでいる?思い込まされている?
ことがたくさんあります。

 

思い切って何でもやってみたらいいと思います。

 

色んな経験をするために生まれてきたんだから。

 

小さなカゴの中に閉じこもってないで大空に
飛び出してみよう!

 

Let’s enjoy our life!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です