英語学習は筋トレ【英語道】

こんにちは。二本松薫です。

今日のTOEICダメダメでした(T_T)

 

これさえすればペラペラ

 

よくありますよね。

 

○日間で英語ペラペラとか。

 

これだけ覚えれば、これを聴けば・・・

 

だいたい、ペラペラという曖昧な表現、
どれだけ話せればペラペラなんでしょうか。

 

日本人の感覚だと「ペラペラ」か「全然」か
二択しかなくて英語を上手く話せないことに
対して非常にコンプレックスを持っています。

 

私もそうですけど。笑

 

単に話すトレーニングをしなかったり方法を
学校で教えてもらわなかっただけです。

 

これからは4技能評価になるので変わるでしょう。

 

英語の音読の宿題もたくさん出るだろうし。

 

英語を話すことが普通になるというか。

 

習い事ナンバー1も今や英語ですしね。

 

昔はピアノとスイミングとソロバンが上位でした。

 

英語を上手く使いこなせるようになるには
かなりの訓練が必要です。

 

ピアノやサッカーや野球と同じ。

 

体育や音楽の授業に似ていると思います。

 

授業で色んなスポーツや楽器を体験してみる
けれど、上手くなるには授業中だけでなく
放課後に練習することが必要です。

 

部活で鍛えたり、外部のスクールに通ったり
自主練したり。

 

英語の音読も、単語を覚えることも、日々の
トレーニングが必要で継続することが何より
大事です。

 

日本人が日本にいながら英語ペラペラ領域
に達するためには相当な努力が必要です。

 

短期間で習得できるほど甘い世界ではありません。

 

資格試験

 

TOEICや英検はスポーツでは大会、音楽だと
コンクールみたいなものです。

 

日々努力を続けるための目標。

 

最近はリスニングとスピーキングの訓練に
時間を割いていて、TOEICのリーディング
パートの速読練習が不十分でした。

 

毎日欠かさず英語のニュースは読みますが
TOEIC対策だとやはりTOEIC問題を解きまくる
ことは必須です。

 

時間を3分くらいしか残せなくてパート7の
見直しができませんでした。

 

まだまだ実力不足です。

 

リスニングはどんどん難しくなっているような。

 

単純な応答ではなく予測不可能な回答が増えている。

 

自分が会話の当事者として聞けばわかりやすいです。

 

リーディングパートも同じく。

 

時間との戦いなのでゆっくり読んでいられませんが。

 

帰りにトレーナーの先生オススメの英検1級
対策の「で覚える熟語」を買いました。

 

周りはTOEIC満点、英検1級の先生だらけ。

 

私も英語の先生ならば持っているべき資格。

 

日本人の英語の先生ならばTOEIC満点と英検
1級は二刀流の強い武器。

 

努力あるのみ!

 

一緒にがんばっていきましょう!

 

Never give up! We can do it!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です