ありのまま勘違い【子育て】

こんにちは。二本松薫です。

今年は寒暖差も春の嵐も半端ないな。

 

ありのまま勘違い

 

ありのままの自分を受け入れなさいとか、

 

ありのままのあなたでいいのよとか。

 

もちろん、その通りなんだけれど。

 

大人も子供も、ありのままでいいと言われる
ことで、努力しなくていい、楽していいと
間違って捉えてしまう人がいます。

 

それを言い訳にしたり嫌なことから逃げる
理由にしてしまうケース。

 

ありのままを認めることで成長がストップ
してしまうのです。

 

好きなことをして生きればいいと言われる
ことも同じです。

 

好きなことだけしてればいいんだと遊んで
暮らすことを指している訳ではありません。

 

自分が楽しいと思えることを追求して努力
して仕事にして生きるのは楽しいよという
ことです。

 

好きなことだと努力が苦にならないから
成功しやすいということです。

 

学校に行きたくない正当な理由があれば
無理やり子供を学校に行かせる必要は
ないと思います。

 

ありのまま勘違いで、朝起きるのが辛い
からだとか、勉強が面倒だからという怠惰
が理由だとちょっと問題です。

 

ある程度の我慢や世の中のルールに合わせる
基礎ができていないと一般社会で生きていく
ことが難しくなります。

 

ひきこもりやニートになってしまう可能性
大です。

 

もし校風が合わないのならば合った学校を
探してあげればいいし、夢中になれること
を一刻も早く探してあげた方がいい。

 

ありのままの自分

 

ガンジーの「My life is my message」
常に心に留めて私は生きています。

 

口で何か伝えようとしなくていい。

 

私たちの生き様が、何かをそのまま伝えている。

 

そんなはずはなかった、そんなつもりは
なかった、そんな言い訳もいらない。

 

ただ、その伝わったものは、本当に伝えた
かったものか。

 

自分の生き様のメッセージとして選ぶに値
するのもか。

 

「私は自分だけがエライと思っている」とか
「私はビクビクしている」とか
「私は楽したい」とか伝わってしまうのだ。

 

わたしたちの生き様は正直に自分を伝えて
しまうのだ。

 

人生はメッセージそのもの。

 

人生のムダをなくすとか、要領よく生きる
とか、そういう次元の話ではなく、

 

「今伝わっている生き様が、本当に
伝えたいことなのか。」

 

という次元から離れてはならないのです。

 

誰ではなく自分に正直に生きるのです。

 

あなたの人生なのだから。

 

あなたは何も語らなくていいのです。

 

なぜなら、あなたの人生がすべてを語っているのです。

 

どんなに偽ったって伝わってしまうのです。

 

自分が幸せでなくて幸せになる方法とか
他人に語っていたとしたら説得力
なさすぎてドン引きです。

 

他人の畑をアレコレ言う前にまずは自分の畑。

 

メッキはすぐに剥がれる。

 

Reap as you sow 

 

因果応報(自分がまいた種を刈り取ることになる)

 

私は私の人生そのもの、生き様でメッセージ
を伝えていきたい。

 

有言実行、不言実行の人でありたい。

 

まとめ

 

家は散らかり放題で自分は自分に甘いのに
子どもには「部屋を片付けなさい」
言ったとしても説得力なさすぎますよね。

 

「ママだってやってないじゃん」

 

それが伝わっている生き様です。

 

わかりやすく言うとです。

 

ありのままで皆愛されているのは事実です。

 

I love you all!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です