【障害】放課後デイサービス

こんにちは。二本松薫です。

来年はどんな活動していこう?

時代の変革期です。

比較的大人を対象に教えてきた昨今ですが、やはり、大好きな子どもに戻りたくなりました。

この数ヶ月、神に宇宙にオーダーしてきたものが、目の前に現れました。

来年は、思い切り、母子支援、特に幼児教育へと舵を切ることになりそうです。

児童発達支援

ごく、ご近所の施設の求人をふと目にしました。

市内在住の小学生から高校生までの知的障害、発達障害をもつお子さんたちを放課後ケアする施設です。

徒歩圏内なのに、全く知りませんでした。

私は地域交流が全くないタイプなので。

早速興味を持って応募してみました。

面接を受けたあと、彼らと今日、3時間遊んでみました。

感想は、

「楽しかった!」

結構体力は使う。笑

あの純粋な目、無垢の笑顔。

抱きついてくる温もり。

幸せでした。

「次はいつ来てくれるの?」

比較的障害が軽く話せる子は、そう聞いて抱きしめてくれました。

きっと、私、またここに来るな。

そう思いました。

多くの人は受け入れることが難しいアルバイトだと思います。

東京都パート最低賃金ですしね。

現在の私の時給からしたら、ボランティアですが、新たな経験、受け取れるエネルギーはプライスレスです。

新たな行動

どんどん、したほうがいい。

地球は行動の星だから。

考えていたって始まらない。

私達は、あらゆる経験をするために、肉体をもってこの世に生まれてきた。

できる限りの経験をし、感動し、学び、あの世に何を持ち帰ることができるのか。

私は50歳を過ぎても、日々、新たな経験にワクワクしてる。

新たな出会いにワクワクしてる。

魂輝かして生きていきたいもの。

あぁ、今日も新しい経験が楽しかった。

全てに感謝です。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です