【英語がわかれば世界に繋がる】アメリカ大統領選やいかに?

こんにちは。二本松薫です。

アメリカの大統領選、毎度熱いですね。

日本の政治家の皆さんもご高齢ですが、今回のアメリカ大統領選も、トランプ氏は74歳、対するバイデン氏は77歳。

なぜに、各党の代表が彼らなのか・・・

日本人の私の知ったことではありませんが。

互いを罵り合う選挙演説を聞くのは、どこの国でも、あまり心地よいものではありません。

フィンランドの友人に聞いたところ、政治はクリアで政治家の皆さんも若い方々だと。

20世紀の男性優位の戦争の時代から、21世紀は男女対等の調和の時代へと移行していくのでしょうね。

英語がわかると便利

翻訳機能は、より正確になっていますが、やはり、ライブで彼らが発する言葉のニュアンスを理解できるかどうかは重要です。

翻訳は合っているでしょうが、通訳されたとしても、自分が聞いていない限り、絶対的に信用はできないというか。

言葉やコミュニケーションは、発信側、受信側、それぞれにフィルターがかかってしまうし、AIには限界があるのではないかと思います。

ちょっとした言い回しの違いで、相手を不快にさせてしまったり、誤解を与えてしまったり、逆に好意を持ってもらえたり。

コミュニケーション能力の問題であり、その人の人格が出てしまうというか、そこに言語は関係ないんですけどね。

いくら翻訳機能が進化しても、世界で一番コミュニケーションが取りやすい英語を操れることは、世界の人々とコミュニケーションを取る際には有利かと思います。

英文にしかない情報を、私もたまに訳して差し上げることがありますが、単に便利ですよね。

されど翻訳機能ばんざい

時代はどんどん良くなります。

英語ができなくても困りません。

私のようにアルファベット大好きな人間は別。

苦手なことを頑張る必要もないし、便利な物は利用しないとね。

私はソロバンが苦手だったけど、今や電卓とか、自動計算やらで困ったことないし。

ますます、得意を伸ばす時代ですよね。

苦手は他で、誰かに補ってもらえばいい。

自分の好きなこと、得意なことを活かして社会のお役に立っていけばいい。

アメリカの民主主義や、どこへやら・・・

直に英語を理解したいと望む皆さまには、私はいつでもサポートします。

英検でも、TOEICでも、日常会話でも。

いつでもメッセージくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です