【スピリチュアル】この世とあの世の謎 死後の世界って?

こんにちは。二本松薫です。

父が旅立って10日。

今頃、父はどこにいるんだろう?

どんな状態なんだろう?

死後の世界が知りたくて知りたくて、サイトを検索したりYou Tubeを見たり。

検索すると様々な情報が見聞きできて、本当に便利な世の中に感謝です。

情報が多いということは、情報の取捨選択も必要になってきますが。

たくさんの情報から、同じことを言っているという「核」の部分を見つければ、それはかなり真実に近いということ。

父の霊は今どこに?

亡くなってから四十九日の間は、「あの世で、どの層に行くこととなるのか」、自分の生きた人生を振り返り(映像?)、自己対話、反省の時間であるということのようです。

この世でも、不幸な人から幸せな人までいるように、現世で不幸な人はそのまま地獄(最下層)へシフトし、世のため人のために生きているような魂レベルの高い人は、神に近い霊界や神界へ行けるようです。

https://スピリチュアルライフ.com/2017/07/04/anoyo/

レベルが高い霊は、人生を振り返り反省する時間も不要で、即、霊界や神界へ戻れることもあるようです。

しっかりと階層に分かれている死後の世界は、逆に現世よりもシビアですね。

もちろん、あの世でも努力すれば上の階層に上がっていけるようです。

人生を振り返ったとき、「自分はなんてひどい人間だったのだ」と恥ずかしくなれば最下層(地獄)に行ってしまうし、それなりに楽しく、他人にも親切に生きたと思えば、それなりの層へシフトできる。

父には「いいお父さんだったよ~ いいおじいちゃんだったよ~ いい夫だったよ~ いい社員だったよ~」と色々とポジティブな祈りを送っています。

まさに今、今回の人生を振り返っている時だと思うので。

現世にる私達の想念もあの世の人には伝わるという話を信じることにしました。

私が応援すれば、父は少しでも上の層に行けるかもしれないから。

毎日、話しかけています。

「大好きだよ~」と。

もちろん、私も世のため人のため、何より自分のため、人生を最幸に楽しむからね!とも伝えながら。

自殺は危険

魂は永遠だということを知らなければ、自殺すればこの世の苦悩から開放され楽になれると思うでしょう。

最近、有名な俳優さんたちが自らの命を絶ちました。

彼らは今、死んでも終わりではなかったことを知り、反省の時を過ごしていることでしょう。

私達はこの世に「魂を向上するため」に自ら望んで、クリアしたい課題と共に何度も生まれてくるようです。

神様と約束して生まれてきたにもかかわらず、自ら望んだストーリーからドロップアウトするということは・・・

あの世では即、最下層で反省することとなります。

本来の寿命であった時間、真っ暗闇の中で反省するとか、色々な説がありますが、とにかく反省することにはなるのでしょう。

クリアできない課題を持って生まれてくることはないので、ピンチに陥っても、「大丈夫、何とかなる」と生き切ることが重要です。

何とかなりますから。

最下層の魂は浮遊霊となって、同じようにネガティブな人間に憑依して自殺へ導いたり、犯罪を侵させたりすることもあるのだとか。

輪廻を信じられず、死を受け入れることのできない魂や、この世への執着の強い魂も、成仏できず、この世に止まってしまうそう。

この世でもあの世でも、魂を向上させる修行は続くのですね。

天国に行きたいならば

現世でも幸せに生きることのようです。

現世、幸せであれば、あの世でも幸せでいられる層へシフトできる。

この世にいるうちに、自分の決めてきた課題をクリアし、自分が幸せに生きるだけでなく、周りの人々にも良い影響を与えられるレベルの高い霊になるべく切磋琢磨できれば上層へ行ける可能性大です。

不平不満いっぱいに生きれば下級へ。

幸せに、楽しく、他人にも親切に生きれば上級へ。

皆さんはどちらを選びますか?

私は、自分を大切に、みんなも大切に、ワクワク楽しく、自分の才能を活かして、周りのお役にも立ちながら、今回の人生も楽しんでいきたいと思います。

父と母が生み育ててくれた、大切な命なので。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です