南極流 E判定からの大逆転勉強法【英語道】【子育て】

 

こんにちは。二本松薫です。

 

南極流勉強法に興味を持った私としては、大学受験対策の先生ではないけれど、興味が湧いて、この本も購入することに。

 

そら、この塾の生徒たちは皆、志望校に合格すること間違いなし。

 

というか、受験勉強をしながら、人生の成功者として生きるノウハウまで学べてしまうのですから、なんとお得な塾なんでしょう。

 

私もこんな塾だったら入りたかったなぁ。

 

高校時代、真剣に勉強した記憶なし。

 

なんという無駄な時間を過ごしていたことか。

 

そして、学ぶ楽しさに目覚めた今頃、勉強しまくっているという(≧▽≦)

 

いくら時間があっても足りないくらい、学びたいことがたくさん。

 

幸せなことです。

 

勉強法が変わると人生が変わる

 

これは仕事にも言えることだと思います。

 

時間管理が上手になったり、明るく積極的で発展的な考え方ができるようになったり、自分のことや学ぶことが好きになったり。

 

この本は、こんな人にオススメですとなっています。

 

☑やる気はあるけれど頑張り方がわからない人

☑夢はあるけど、どうしたらいいかわからない人

☑努力しているけど成績が伸びない人

☑将来のことも、大学進学のことも、ぼんやりしている人

 

大学受験でなくても、仕事でも、人生全般でも、こんな人多くないですか?

 

この本の中では、心構えから始まり、各教科の具体的な勉強法まで詳しく説明してくれていて、大変勉強になります。

 

受験勉強の極意

大逆転合格する人だけが知っている秘密の習慣【思想】【子育て】

 

マインドにつきましては、前回の記事をご覧ください。

 

そして、戦略を立てる

 

ゴールから逆算して、長期→中期→短期(今月→今週→今日)やるべきことを計画する。

 

受験勉強に関しての詳しい計画の立て方、時間の割り振りについては、本をご参照ください。

 

大学受験英語の極意

 

1.現代文を得意にすること

2.潜在意識を活用して、英語脳を育てること

3.音読して、黙読して、聴いて、書くこと

4.目の前の1冊、1ページ、1文を完璧に仕上げること

5.英文法に凝らないこと

6.英単語の暗記にエネルギーを注ぎすぎないこと

 

なるほど、なるほど。

 

【5つのトレーニング】

1.音読→速読力

2.分析→精読力

3.書く→英作文力

4.聴く→リスニング力

5.解く→本番力

 

TOEIC演習でも必要なトレーニング。

 

英語が読めない理由は単語を知らないからだけでなく、前後の文章から知らない単語の意味を類推することができるかどうか?

 

これは、あるあるですね。

 

覚えても、覚えても、知らない単語は無数にあるし、全部覚えることは不可能だし。

 

私も常に類推しています。

 

「たぶん、こんな意味なんだろうな~」って。

 

で、もちろん、気になるからググっちゃいますけどね。

 

完璧でなくても、だいたい理解できればいいんです。

 

この本の中では、「英単語の暗記には毎日30分続けてください」となっています。

 

受験生ですからね。

 

TOEIC受験生も、ある期限内に、ある点数を取らなければいけないのであれば、やるべきでしょう。

 

毎日10分ならスキマ時間で習慣化できるはずです。

 

潜在意識に「自分はゼッタイ英語ができる」と思わせるためには、毎日欠かさずやることが重要だそうです。

 

また、音読に関しても、毎日30分半年以上続けると、とんでもなく速読力が増すのだとか。

 

具体的な単語暗記法や音読法は本の中で説明がありますが、南極流英文音読とは「同じ英文を何十回、何百回と音読して、英文中に含まれるエネルギーのようなものまで吸収しつくして、英語力の血肉にする方法」だそうです。

 

TOEICでも音読をするように生徒の皆さんに伝えるのですが、なかなか実行してもらえない。

 

今後、一層、音読の大切さについて説いていきたいと思います。

 

しっかりとした目的意識を持って、基礎レベルのものを完璧に仕上げることが大事。

 

音読、恐るべし!反復!恐るべし!

 

できることを毎日続け、潜在意識を味方につけ、英語脳を目覚めさせよう!

 

このパターンは全教科共通。

 

なんだか、全教科、勉強し直したくなりました。笑

 

潜在意識のパワー

 

入試(人生)はただ努力する(勉強する)だけでは偏差値は上がらず、「絶対に合格する(成功する)」という決意と、「絶対に大丈夫だ」という信念勝つための戦略と、潜在意識という最終兵器が必要なのだそうです。

 

オモテ(顕在意識)で覚えたことは、わずか1週間で8割忘れてしまいます。

 

これを、ウラ(潜在意識)まで落とし込む方法が「南極流勉強法」

 

反復トレーニングですね。

 

南極老人からのメッセージ

 

【受験生のお父さんお母さんへ】

お子さんを100%の無条件で信じてあげてください。

私のお願いはたったこれだけです。

「生きていてさえいてくれれば、それ以上は何も望まない」というのが本物の愛です。

幸せな子どもは強制されなくても自然に勉強します。

「勉強しなさい」というのは実は逆効果です。

言えばいうほど、合格できません(保証します)。

勉強しないから怒るとか、テストでいい点をとらないと認めてあげないとか、そういうのは取引であって本物の愛じゃありません。

相手の全存在を無条件で認めるのが愛なのです。

どうか、お子さんが自発的に勉強するのを、ひたすら待ってあげてください。

本気に火がつくまで、毎日、美味しいご飯を作って、あたたかく見守ってあげてください。

 

【受験生の皆さんへ】

毎日、次のセリフを、心の中で言い続けてください。

「お父さん、お母さん、ありがとうございます」

そして、毎日30分、あなたの身の回りを掃除してください。

たったこれだけで努力が報われるようになります。

ぶっちゃけ、本気で「ありがとう」なんて思っていなくてもいいですから。

毎日、100回以上、言い続けてください。

特に、お父さん、お母さんのことが嫌いな人には効果絶大です。

極意とは、何事も、理屈抜きに実践する人だけが会得できるのです。

 

そうそう!そうなの!私の伝えたいことはこれなの!

 

私も伝え続けます。

 

北極(南極)流との出会いに感謝。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です