麻布学園ぶっとび教育【子育て】

 

こんにちは。東大生ママ、のっこ(二本松薫)です。

 

笑顔で子育て【えがこそ】チャンネルの今回の
テーマは【東大進学率常に上位!麻布中学・高校の
ブッ飛び教育】です。

 

息子が6年間お世話になりまして、素晴らしい
経験をさせていただきました。

 

今の日本にこんな学校少ないんじゃないかな・・・

 

そう思います。

 

 

テーマ『自由』

 

制服なし、校則なし、イベントは自主運営。

 

1学年約300人の男子が6学年。

 

1800人、オール男子(≧▽≦)

 

制服は一応、学ランがあるんですが、着るのは
入学式のみ。運動部に入っている場合は、試合で
着ることもありますが。

 

文化祭、体育祭、修学旅行に参加するもしないも
自由。

 

文化祭、体育祭前後は、7色のカラフルな頭に変身。

 

自由すぎて、時々事件が起こりますが・・・

 

体育祭は、騎馬戦や棒倒しなど、ほぼ、戦い系。

 

上半身裸のカラフルな髪色の男子達が、何やら
中央で戦っているのを眺めるのみ。

 

参観も3者面談もなし。

 

成績表もなし。テストの点数のみ。
もちろん、成績分布図や平均点は出てますが、
5段階評価とかはされていません。

 

保護者は各学期の保護者会に出席するくらいでしょうか。

 

学校は受験勉強をするところではないと、ほぼ
全員、高校生になると外部の塾に通い始めます。

 

「私立に通う上に塾ってどんだけお金かかるんじゃい!」

 

という現実。

 

そんな自由な校風ながらも、東大進学率は今年も
全国3位。

 

1位 開成、2位 筑駒 3位 麻布

 

一浪したものの、東大に進学してくれたことに
より、学費が安くて今は助かってます^^;

 

理系なので、私立と国立では学費は雲泥の差。

 

国立だと1/4くらいでしょうか。

 

まとめ

 

まさに個性を尊重する教育

 

自由に伸び伸びと、個性的な楽しい仲間たちと
6年間過ごせた息子は幸せです。

 

日本では特殊な教育を受けているといえるでしょう。

 

少し外国の教育に近いでしょうか。

 

現に帰国子女も多いです。

 

入学当初は『自由すぎないか』と思うことも
ありましたが、良い学校でした。

 

感謝です。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です