中学受験VS高校受験どっちが正解?【子育て】

 

こんにちは。東大生ママ、のっこ(二本松薫)です。

 

今回の笑顔で子育て【えがこそ】チャンネル
テーマは【受験生ママの心得】中学受験/
高校受験 うちの子はどちら向き?です。

 

受験生をご家庭にお持ちの皆さんは、いよいよ
親子でラストスパート!

 

冬の受験てどうかと思いますよね~

 

子供達の中学受験、高校受験、大学受験、
全て経験してきましたので、皆さんのドキドキ
ハラハラぶり、お察しします。

 

『大丈夫!』信じましょう。

 

 

中学受験VS高校受験

 

中学受験に向いている子はやはり早熟で知的
好奇心の強い子でしょう。

 

中学受験は親主導のケースが大半なので(うちは
例外)素直についてきてくれるのか?も重要。

 

中学受験のメリットとしては、付属校の場合、
大学までストレートで進学できるということでしょう。

 

うちの甥っ子も、中学受験さえすれば、あとは楽
と洗脳されて付属校を受験します(≧▽≦)

 

その子に合っていればそれも良し。

 

後は、特別なスポーツや音楽を極めたいケース。

 

私立校は設備も教師、コーチの質も勝っている
のは事実でしょう。

 

知的レベルが似通った仲間と共に6年間過ごせる
こともメリットでしょうか?

 

中高一貫校の場合、6年間で大学受験を目指し
各校独自のカリキュラムを組んでいるのも
メリットでしょうかね。

 

公立の中高一貫校は学費が安い分、倍率が
かなり高くなっています。

 

中学校は義務教育なので、万が一のことが
あっても地元の中学校に普通に進学できるので
チャレンジしてみる子たちも多いですよね。

 

一方、本人が乗り気でない場合は難しいでしょう。

 

とんでもない反発を受ける場合があります。

 

私の従妹のケースはまさにそれ↓

中学受験を断念した勇気あるママ【子育て】

 

反発できず、子が病んでしまうケースは最悪です。

 

私立だと学費もかかりますしね。

 

ご家庭、その子の特性に合わせてベストな
チョイスができるといいですね。

 

我が家の場合は息子は中学受験

 

本人の希望で5年生から塾に通い始めました。

 

姉である娘は地元の公立中学進学後、
私立専願で高校受験しました。

 

お受験地区ではない我が家の場合、大半は
地元の中学に進学しますので、娘は皆と一緒に
地元の中学校に進学したかったタイプ。

 

中2の頃から塾に通ったかと思います。

 

ほぼ、本人の意思と学校の先生との相談で
成績に応じて受験先を決定するのが高校受験でしょうか。

 

中学受験と違って、高校受験はほぼ全員するので
環境的に普通に受験モードに入るしかないですよね^^;

 

そして、娘も息子も付属校ではなかったので
それぞれ大学受験もしました。

 

その子個性に合わせて、家族の状況に応じて、
最善の選択ができればいいですね。

 

まとめ

 

中学受験は親主導、高校受験は子ども主導。

 

どちらでもいいですよね。

 

どこにいても様々な出会いや経験がある訳です。

 

その子の個性を最大限に活かしてあげたいですよね。

 

それだけですね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です