ズバリ!東大生を育てる秘訣【子育て】

 

こんにちは。二本松薫です。

 

50回を機にリニューアルしてお届けしおります
笑顔で子育て【えがこそ】YouTubeチャンネル

 

前回は、フリーターママともちゃんが
【フリーターママはなぜ娘が高校を辞めることを
許したのか】というテーマでお送りしいました。

 

「たびたびよくそんなに許しましたね」

 

と、トモちゃんは周りの皆さんに言われるそうで^^;

 

そこには大きな愛と承認があったのです。

 

 

さて、今回の【えがこそチャンネル】では
【東大生を育てる秘訣 ズバリお教えします!】
ということで私が語っています。

 

 

東大生を育てる秘訣

 

私は別に東大にこだわりはないし(息子は
あったのでしょうが)、学歴も仕事の選択肢
を広げる意味で有効でしょうが、より豊かに
生きていくためには『人間力』を高めることが
重要なのではないかと思います。

 

もちろん、学歴が高いことによって自己肯定感
自己効力感を感じ、自信を持って生きていける
のであれば素晴らしい。

 

ただ、中卒だから、高卒だからダメだという
ことではありません。

 

自分という素晴らしい花をどこで咲かせるのか

 

場所はそれぞれ皆違いますからね。

 

私も、フリーターママのトモちゃんと同様
子ども達を信じて、ありのままを承認してきた
ことが秘訣といえば秘訣。

 

東大合格までの息子のストーリーについては
過去のブログで語っています。

 

東大合格までの息子の人生【子育て】

祝!2019年東大合格!【子育て】

東大合格を目指す息子へ母の想い【子育て】

中学受験で麻布に合格して東大目指す子にどうやって育てたの?【子育て】

 

私たち親が応援できることといえば、

 

1.可能性の選択肢を提示してあげること。

 

2.様々な経験をさせてあげること。

 

3.金銭的サポートをしてあげること。

 

4.栄養価の高い食事を与えてあげること。

 

5.ありのままを承認し、大きな愛で見守ってあげること。

 

6.失敗と挑戦の中、小さな成功体験を経験させてあげること。

 

7.笑顔でポジティブな言葉がけをしてあげること。

 

などなどですかね?

 

これが案外シンプルで難しい(≧▽≦)

 

わかっちゃいるけど・・・

 

ね!^^;

 

「自分は愛されている」という安心感があると
人は強く生きることができます。

 

「どんな自分でも大丈夫」と承認されていると
失敗を恐れずチャレンジする勇気のある子に
育ちます。

 

失敗しても何度でも立ち上がり挑戦する、
メンタルの強い子に育ちます。

 

これが「自分を信じる力」である「自己肯定感」
に繋がっていきます。

 

自己肯定感の高い子は本番に強いです。

 

「自分は大丈夫だ」と自分自身を信じることが
できるからです。

 

この根っこを育てておけば、あとは勝手に
育っていきます。

 

反対に、根っこが弱いと幹も危うく、嵐
(人生でいうと苦難)がくると、ポキっと
折れてしまったり、グラグラしたり補強が
必要になります。

 

まとめ

 

人間も木と同じです。

 

まずは根っこです。

 

根っこを育てるために必要なものは、
絶対的な愛『無償愛』と、ありのままを
受け入れる『承認』です。

 

私たち親の根っこがグラグラで弱い場合は
自分にもポジティブな言葉をかけながら、
まずは自らの自己肯定感を上げていきましょう。

 

子どもにポジティブな言葉をかけていると、
自分に対しても同じく良い影響を与えます。

 

ママ自身の自己肯定感が低くて、子供に
ポジティブな言葉をかけることができず
自己嫌悪に陥ってしまうママさんたち。

 

ご安心下さい!

 

大丈夫!

 

【えがこそチャネル】を観て下さい。

 

「ママカフェ」に会いにきてください。

 

まずは自分から

 

ママがワクワク楽しく生きること。

 

それが世界平和に繋がる。笑

 

Let’s enjoy our life!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です