ウサギとカメの裏話「絶対評価」VS「相対評価」【子育て】

 

こんにちは。のっこ(二本松薫)です。

 

「相対評価」「絶対評価」

 

勉強でもスポーツでも容姿でも年収でも、人は
何かと他人と比べるし、比べられます。

 

「ハカリは自分の中」と言い聞かせながらも、
他人と比べて劣っている自分に落ち込んだり、
羨んでみたり。

 

わかっちゃいるけど・・・

 

やめられない。

 

だって、人間だもの。笑

 

ウサギとカメの裏話

 

 

いろいろな裏話があるようですが、新しい
視点でみるストーリーが面白かったので
紹介しています。

 

オリジナルストーリーは、足の早いウサギ
さんが意地悪くカメさんに競争しようと
持ちかけ、圧勝するつもりが、ゴール直前、
油断して居眠りしてしまい、結局は負けて
しまったというエンディング。

 

教訓としては「最後まで油断するな」とか
「諦めず、腐らず、最後までコツコツ努力し
続ける大切さ」などでしょうか。

 

「絶対評価」と「相対評価」で表してみると、
相手であるカメさんと比較して相手に勝てば
いいと他人と比較しているのが「相対評価」の
ウサギさん

 

ゴールすることを目標にコツコツと自分自身と
戦いながらやりとげたカメさんは「絶対評価」

 

ウサギさんの目標(目的)はカメさんに勝つこと。

 

カメさんの目標(目的)はゴールすること。

 

ウサギさんも最速でゴールすることが目標だったら、
ゴール直前、居眠りしたりすることなく圧勝
したでしょう。

 

他人と比較することによって、手を抜いて、
全力を出しきらなかったということですね。

 

本当はもっとできるのに、能力があるのに、
周りに合わせて、そこそこに勉強や仕事を
している人たち、いそうですね。

 

世間と比較して高収入を得たいのか、自分の
人生をより豊かにすることに目的を置くのか。

 

幸せも人それぞれ。

 

あなたならどうする?

 

あなたがウサギさんだったらどうしますか?

 

私は最速でぶっちぎりでゴールするなぁ。

 

というか、カメさんと競争しようとも最初から
思いませんけどね。

 

そんな所で優越感に浸っているより、もっと
早いチーターでも追いかけるかな。笑

 

人生の時間は有限ですからね。

 

ちょっと深いお話でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です