日本人の幸福度は先進国最低!まずは大人から変わろう【子育て】

 

こんにちは。のっこ(二本松薫)です。

 

日本は『健康で、そこそこお金はあるが、不寛容で不自由な国?!』

 

以前にも一度、YouTubeで語っていますが・・・

 

 

2019 World Happiness Reportによると、
日本の幸福度は先進国最低の58位(130カ国中)

 

健康寿命は世界2位なのに・・・

 

足を引っ張るのは、『社会的自由』が64位

 

『他人への寛大さ』92位

 

今の日本人は、社会的に不自由を感じ、他人に
優しくする余裕がないといった感じでしょうか。

 

通勤ラッシュの満員電車、疲れた顔のサラリーマン
の皆さんは、確かに、社会的自由を感じて
いるようには見えません。

 

『好きなことを仕事にしている大人』『趣味を
楽しむ大人』が日本には少なく、時間的、精神的
自由を感じる人が少ないのでしょう。

 

対して、幸福度の高い国々は・・・?

 

1位 フィンランド

 

2位 ノルウェー

 

3位 デンマーク

 

北欧強し!

 

社会福祉が充実していることが1番の理由でしょう。

 

フィランドに住む友人にインタビュー

 

フィンランド人と結婚し、4人のお子さんと共に
フィンランドで暮らす友人に聞いてみたところ、
フィンランド人は自分たちが世界一幸せだという
自覚はないと。

 

比べることができないから・・・

 

確かに。

 

今、教育の分野でも最先端のフィンランドに
学ぶところがたくさんあります。

 

以前にブログでも紹介しています↓

 

幸福度世界一フィンランドの教育現場【思想】

 

労働時間も8時間と決まっているし、生活に
余裕があり、政治もクリーンだと。

 

フィンランド人は、恥ずかしがり屋で正直で
真面目で昔の日本人に似ているんだと友人が
話してくれました。

 

『足るを知る』

 

大自然の中、便利さや物に満ち溢れることだけが
幸せではないことを知っているのでしょう。

 

基本的な生活が保証されている安心感は大きい
ですよね、きっと。

 

日本では、家のローンのため、教育費のため、
『好きなことを仕事に』なんて言っている余裕なく
必死で働くしかない人たちが多い。

 

令和の時代、少しずつ、変わっていくでしょうが。

 

昔の日本人は精神性が高かったはずが、今では
健康と経済はそこそこ高い位置を保つ中で、
精神性が低くなり、アンバランスになっている
ように感じます。

 

笑顔で子育てできる国にしていかないといけませんね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です