弥勒参拝求道式後のミラクル【思想】

こんにちは。二本松薫です。

 

2019年9月22日、糸魚川にて「求道式」なるものを
受けました。

 

私は神道が好きで宗教には属していません。

 

「求道式」というのは宗教行事ではないという
ことで、試しに受けてみることにしました。

 

いわゆる「第三の目」を開ける儀式で、真の
自分を思い出すきっかけになることは間違い
ないと思います。

 

怪しくもないし、高価でもないし、受けてみて
一般の方々には、なかなかオススメだと思いました。

 

私は既に違うルートで2回、「第三の目」を開けて
いるんですが「求道式」は、安価で楽なルート
で、短時間だし一般向けです。

 

弥勒参拝求道式とは

 

詳しくはこちらをご覧ください↓

弥勒参拝

とにかく、弥勒様は豪快!

 

別名ハッピーブッダと呼ばれるだけのことはある。

 

見ているだけで何故か笑顔になってしまう。

 

 

この弥勒様はすごい!

 

高さ6メートル。

 

東京の新大久保にある道徳会館にいらしゃいます。

 

ミラクル発動

 

元から既にミラクル体質なので、特に求道後、
変わったことはありませんでした。

 

が、先週末、突然、写真に写っている美女、
あっきーからLINEがあり、お茶でもしないかと。

 

長野在住の彼女は週1で東京に出てきているそうで。

 

前日の申し出ながら、せっかくなので、予定を
調整しようと考えていたらふと・・・

 

新宿でお茶するなら、行ってみたい所があった。

 

お知らせです。

 

そう。糸魚川で求道式を受けた私は、新宿に
いらっしゃるという大きな弥勒様に会ってみたいと
思っていたんです。

 

「お茶する前に、行ってみたい所があってね。
新大久保なんだけど、一緒に弥勒様に会ってから
お茶しない?」

 

と問いかけてみたら・・・なんと・・・

 

「え?先週私、そこで求道式を受けました」と。

 

え?????

 

1週間違いで、長野のあっきーは東京で、
東京の私は糸魚川で求道式を受けてたってこと?

 

お互い全くそんなこと知らなかったんです。

 

何のミラクル?

 

そして、当日、2人は弥勒様の前で再会する
ことになります。

 

実は、あっきーと会うのは2回め。

 

到底、そうは思えないけれど。

 

1週間前に、あっきーがおみくじを引いたとき、
「またすぐに参拝することになるでしょう」と予言
されていたそうです。

 

???今日のことだったんだ・・・

 

2人して「不思議だね~」と話していると現れた
のが、2人の求道式を行ってくださった一行の
中の一人の女性。

 

私は彼女に糸魚川で一週間前に、あっきーは
2週間前に会っていて、その3人が巨大な弥勒様
前で再会。

 

その日、その時間でないと再会しなかった・・・

 

突然前の日に決まって、私の思いつきで偶然
ふらっと立ち寄っただけだったのに。

 

その日は求道式が行われていたんです。

 

糸魚川で求道式を行ってくださった先生達が
上にいるからと、何と皆で再会。

 

全員目がテン。

 

「なんで?」

 

そこには別の理由がありました。

 

人生初「薫子」と書いて「のぶこ」と読む人と出会う

 

私の本名は「薫子」と書いて「のぶこ」と読みます。

 

当然、50年間、誰一人として読める人はいませんでした。

 

なので、スタッフの皆さんも、2週連続で
「薫子」と書いて「のぶこ」と読む人に出会う
なんて珍しいね、と話していたそうです。

 

そこに私が現れたというわけです。

 

求道後のお茶会も終わろうとしていたところに
私が登場です。

 

人生で初めて、もうひとりの「薫子」と書いて
「のぶこ」さんに出会ったのですが、お互い
感動で握手して、ひとこと、ふたこと、話した
だけで時間切れ。

 

彼女の出発時刻となり、連絡先を交換することも
できず、無念・・・

 

まさにすれ違っただけ。

 

「きっとまた会えますよ」と言われたけれど。

 

本当に不思議体験でした。

 

その後も確かに奇跡的体験をしましたし、
神との繋がりが深くなったことは間違いありません。

 

すべて、自分の中にあることなんですけどね。

 

 

これが、びっくり仰天の再会写真。

 

私の後ろの光。

 

背後で笑っている弥勒様。

 

ありがとうございます。

 

感謝。

 

道徳会館↓

top_page

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です