英語は右脳で学べ【英語道】

こんにちは。二本松薫です。

先月からKindle Unlimitedで本を読みまくっています。

忙しくてなかなか読む時間がないんですが、
1ヶ月半で20冊くらい読んだかな。

主に教育、コーチング、子育て、英語等、仕事に
役立つもの中心に読んでいます。

喜多川泰さんの「上京物語」なかなか良かったです。

最近「脳」に興味が出てきまして。

周りに「右脳教育」やら「脳」について語る
人たちが多いので。

そんな中、苫米地英人さんの「英語は右脳で学べ」
という本が目にとまり、早速読んでみました。

英語教育について、モヤっとしている私に
とって「なるほど!」と納得のいく一冊でした。

苫米地英人さん→http://www.hidetotomabechi.com/

 

英語は右脳で学べ

まず、苫米地さんはこうスタートします。

「脳は言語野を使っていては英語はマスター
できません。英語をマスターする鍵は右脳に
あるのです。」

言語野は左脳にある。

文法中心の英語学習は左脳中心。

しかし、苫米地さんはこう話しています。

「英語を本当に身につけるために必要なことは
単語や文法の暗記ではありません。語学を習得
する最強の方法は、その言語のネイティブ達が
生み出している言語環境に浸ることです。」

私も最終的には「留学が早い」の結論に至った
根拠を、苫米地さんは論理的に脳のしくみから
説いてくださってスッキリ!

 

文法には限界がある

最近、英文法をどう教えたらいいのか?

新しい英文法の開発について携わっっていたり
もします。

単語をどう覚えてもらうのか?

TOEICトレーナーとしては、教授法について
日々模索。

もちろん、英会話を教えていても。

左脳の言語野だけでは英語習得に限界がある。

 

脳を英語ネイティブと同じ状態にチューニング

英語脳をつくるとは、英語文化を丸ごと自分の
脳に埋め込む作業。

留学できないとしても・・・

英語環境にどっぷり浸かれる状態を自分で
工夫して日本にいながらつくりだせばいい。

 

右側の言語野

苫米地さんによると、ネイティブ言語を理解
するときは、左脳の言語野だけでなく、右脳の
言語野、対象部分も活性化しているのだと。

人間が言葉を操るときは、言語野だけでなく
脳全体が発火している。

「英語で考える」とは、英語ネイティブの
ロジックで考えるということ。

確かに!

「誰がどうする」という結論から始まり、
主張して、理由を述べ、例をあげ、再度
主張という英語スタイルの会話の組み立て方が
最近しっくりくるようになりました。

この数年、英語ばかり勉強していますからね。

感情に左右される典型的右脳
女子だった私も、随分論理的思考ができる
人間になりました。

 

チョムスキーのユニバーサル文法と右脳言語野

ユニバーサル文法仮説とは、すべての人間が
普遍的な言語機能を生まれながらに備えており
すべての言語が普遍的な文法で説明できる
という理論。

ちょっと難しいなと感じる方、ごめんなさいね。

チョムスキーは宇宙には最初に完璧な言語が
存在していると考えています。つまり、人間の
有限なマインドの中に無限の言語生成能力が
存在する、と考えているのです。

「言語はもともと最適に設計されている」

すべての言語にもストーリーにも、はるか遠い昔
からユニバーサルなルールが存在している。

言語ごとに、ちょっとしたチューニングをすれば
各言語を習得することができる。

左脳だけでなく右脳をチューニングする。

右脳チューニングにはネイティブの言語情報と
文化情報にたくさん触れることのみ。

 

右脳をチューニングする方法

■連続ドラマDVDを鑑賞する■

苫米地さんのオススメは映画よりドラマ

映画以上に日常シーンが多く次を観たくなる。

海外ドラマを観る際、注意点は、

日本語を介さない、字幕を使うなら英語、
知らない単語が出てもスルーで何となく理解
できればいい。

日本語や文化を排除し、1日2時間観たいところ。

日本にいながら英語脳にチューニングするには
できる限り日本語を除いた英語環境にするしか
ありません。

早期英語教育の利点はここです。

本人の努力なく勝手に英語の引き出しを右脳に
作っておいてあげることができる。

大人になってからだと相当労力がいります。

私はTOEICでかなりトレーニングしましたが、
海外英語ドラマをなるべく観ようと思います。

あまりにも知らない表現が多いのは、やはり
英語文化に触れる時間を増やす以外に方法は
ありません。

今はNetflixアマゾンプライムやら、安価に
観れるコンテンツが溢れていて便利な時代。

YouTubeで無料で観れるコンテンツも満載。

昭和の時代では考えられません。

今は留学しなくても日本で簡単に英語脳
チューニングすることができます。

 

■アメリカ史に残るようなスピーチを覚える■

英語丸覚えどうなの?と、疑問でしたが、
やはり有効な手段でしょう。

歌だと日本語の歌詞すら完璧に覚えられない
私ですが、今、アラジンの主題歌を英語で
覚えて歌っているところ(≧▽≦)

なかなか覚えられない。笑

スピーチだと、スティーブ・ジョブズ氏の
有名なスタンフォード大学の卒業式の
スピーチを覚えたいので、以前にチャレンジ
しかけたのを、がんばって覚えてみようと
思っているところです。

なりきってスピーチすることは、右脳言語野の
パラメータチューニングを強力に推し進める
方法なんだと。

論理的に理解した今、俄然やる気が出てきました。

チューニングの鍵は「臨場感」だそう。

映画の台詞でも、TOEICの会話でもなんでも、
当事者になりきり演じること。

台詞をマネして後に続いて読む「シャドーイング」
は私がずっと実践してきたスピーキング法ですが
臨場感たっぷり真似ること、大事ですね。

 

日本語を介すな

右脳でイメージしたことを左脳で言語化する
プロセスの中で、右脳で日本語をイメージすれば
左脳の翻訳プロセスでうまく訳せなくなってしまう。

右脳の段階で英語脳でイメージできていない
限り、自然な英語はアウトプットとして出てこない。

私は幼児英語教育「ディズニー英語システム」
長年携わっていました。

母国語方式で、まさに右脳に英語の引き出しを
作っておく方法です。

約2000時間、英語の音や映像を幼少期に
インプットする。

言語習得には約4000時間必要だという説もあり
ますが、右脳に引き出しを作っておくことは
やはり有効でしょうね。

日本語は特殊な文法なので、他言語を習得
することは簡単ではない国民。

逆に、日本語を操れるのは凄いことでも
あるんですけどね。

 

まとめ

1ヶ月で英語ペラペラとかちまたに嘘が溢れて
いますけど、それなら、日本人、誰も苦労して
いないはずです。

日本人にとっては他言語を習得するには継続と
努力が必要です。

小学校から英語教育をスタートするならば、
本気で取り組んでいかないと。

このままでは日本人は世界で戦っていけません。

英語力もスピーチ力も共に高めていかないと。

論理的に自己主張できるようにならないと。

自分自身実験しながら、現場で試行錯誤しながら
考え続ける日々です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です