TOEIC攻略法【英語道】

 

こんにちは。二本松薫です。

 

次の勝負は5月20日!

 

TOEIC独学学習オススメ教材

 

王道は過去問を解きまくることです。当たり前すぎる答えですが。

公式問題集を、問題と答えを覚えてしまうくらい何度も解けば、パターンがあるので確実にある程度まで点数は簡単に上がると思います。

 

あとは、リスニングとリーディングと、どちらを強化する必要があるかにもよります。

 

リスニングは数問間違っても満点がでるので私はリーディングスキル強化トレーニングが必要でした。

 

TOEIC満点講師の友人のオススメ教材を使い基本的な語彙力、文法力を鍛えていきました。

大切なことは、文法問題では、なぜその回答が正解となるのか。論理的に説明できる力をつけていくことです。

 

「何となくこれが正解だと思うから」と、あいまいなままカンで解いていると、必ず限界がきます。

 

私がまさにそのパターンでした。

 

TOEICは英語力だけでなく精読力、情報処理能力、論理力、正確性を問われるテストなので、高得点を狙うならば何となくでは通用しません。

 

著者であるTEX加藤さんの説明文の中の、「TOEICあるあるシチュエーション」に、クスっと笑ってしまいます。

 

TOEICの世界に頻繁に出てくる職業の中でlandscaping company (造園業)があります。

 

謎です。笑

 

あとは、私はリーディグ力を上げるために、長文読解系の問題集も数多く解いてきました。

韓国語バージョンは説明文は全く理解できませんが、そこそこ難しくなかなか良いです。

 

これも、TOEIC満点講師の友人のオススメ。

 

リーディング問題は必ず時間を計って解くこと。

 

TOEICリーディングは時間との勝負です。

 

速読し、長文の中から回答に必要な情報を、いかに短時間で正確にピックアップできるかです。

 

もちろん見直しの時は普通に読んで、なぜ間違ったかということを論理的に把握し、新しい単語や表現を地道に覚えていく。

 

2時間集中し続ける精神力、体力が必要なので、本番と同じように2時間集中して模試を解く練習も必要です。

 

他にも紹介しきれないくらいの数の問題集を解いてきました。

 

それでも、まだまだです。

 

まとめ

 

Step by step. I can’t see any other way ofaccomplishing anything.

by Michael Jordan

 

マイケル・ジョーダンも言っているとおり、何かを成し遂げるためには、一歩一歩努力を重ねていく他方法はないのです。

 

皆で楽しみながら強くなっていきましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です