【思想】人生、即、芸術

こんにちは。二本松薫です。

 

私が0歳の頃、父母に抱かれて万博を

訪れている写真が実家にあります。

 

瞬間、瞬間に、生きる

 

太陽の塔はいつも普通にそばにありました。

 

テレビで、「芸術は爆発だ!」

目をひんむいて変なジェスチャーと共に叫ぶ

オジサンを当時の私はただの「変なオジサン」

としか認識していませんでした。

 

生の岡本太郎を覚えていることが嬉しい。

それほど子どもの私にも強烈なインパクトを

与える大人でした。

 

今は心底彼のことを尊敬しているし、その

奇抜極まりない言動が大好きです。

 

今、太陽の塔の内部が再生され一般公開されて

います。

 

人数制限があるため、しばらく予約は

いっぱいですが、いつか両親と共に

約50年ぶりに訪れてみたいと思います。

 

http://taiyounotou-expo70.jp/

 

改めて彼の名言を読み返してみても、実に

ハートに突き刺さるものばかりです。

 

「同じことをくりかえすくらいだったら

死んでしまえ!」

 

惰性で生き、何に挑戦することもなく、ただ、

他者の人生の傍観者として、何となく生きる

日本人に彼は「カツ!」とメッセージを発信

し続けたのです。

 

まとめ

 

Wake up! Japanese!

 

Where has samurai spirit gone?

 

侍魂、大和魂はどこにいってしまったの?

 

私は岡本太郎さんにも「あっぱれ!」と

認められる日本人として生きていきたいと

思います。

 

そして、息子には大和魂を継承した立派な

日本男児として強く逞しく生きていって

ほしいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です