英語を学ぶ理由「世界中の人々へのプレゼント」【英語道】

二本松薫です。

皆さんは日頃どんな言葉を使っていますか?

 

言葉の影響力

日々私たちは言葉を使ってコミュニケーション
しています。

言葉によって勇気づけられ、明るい気持ちに
なることもあれば、傷つけられ暗い気分にも
なるわけです。

人間の多くの悩みは人間関係にあります。

親子、夫婦、カップル、職場、学校、友人・・・

言葉は武器にもなるし凶器にもなります。

包丁と同じ。

美味しいお料理を作ることもできるし、他を
傷つけることもできる。

使い手、使い方によってとても危険でもあるのです。

包丁でも人を殺せますが、言葉でもその人を
自死に追いやることもできます。

包丁もそうですが言葉も誰でも容易に使う
ことができます。

だからこそ使い方には気をつけたいものです。

 

言葉はプレゼント

YouTube公演家の鴨頭嘉人さんがいつもそう
言っています。

本当にそうだなと思います。

笑顔は鏡を見ない限り自分では見えません。

周りのために微笑むのです。

相手が喜ぶ言葉をかけるのにお金は必要ありません。

物に満たされている日本人は物をプレゼント
されるよりも素敵な言葉をプレゼントされる
方が感激することが多いのではないでしょうか。

物をもらって魂が震えるほど喜ぶことはあまり
ない気がします。

だから相手が不快になる、悲しい気持ちになる
言葉はなるべく使いたくありません。

 

英語圏は褒める文化

とにかく褒めます。

ネイティブの先生達は髪型を変えても、新しい
洋服でもとにかく褒めてくれます。

日本人はあまり他人を褒めませんよね。

自分のことも謙遜しすぎるし。

自己肯定感も低めです。

スキンシップも少なく”I love you” なんて
めったに言いません。

英語圏の人々は日本人に比べて圧倒的に多く
日々「言葉のプレゼント」をしています。

私も世界基準で笑顔と幸せ言葉をプレゼント
できる日本人でいようと思います。

笑顔で褒められて悪い気がする人はいません。

相手が幸せであれば自分も幸せ。

そんな素敵な世界を創っていきたいです。

 

まとめ

元気になる、嬉しい言葉のプレゼントを最高の
笑顔と共にプレゼントしたい。

日本語でも英語でも。

英語を話せれば世界中の人達に言葉のプレゼント
を送ることができる。

「世界中の人達に笑顔と幸せ言葉をプレゼントする
ために英語を学んでいる」

何て素敵な動機♪

これから私が英語を学ぶ理由はこれにしよう。

Let’s enjoy our life!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です