幸福度世界一フィンランドの教育現場【思想】

こんにちは。二本松薫です。

ここ、どこだと思いますか?

素敵なお家のリビングルーム?

みたいですよね。

がしかし、なんと!

とあるフィンランドの学校の職員室だそうです。

さすが幸福度世界一の教育現場です。

校長先生の仕事は居心地のいい場所をつくる
ことだそうです。

生徒たちはもちろんん、そのためには、まずは
先生達。

さすがです。

こんな職員室だったら先生たちも楽しく働く
ことができますよね。

 

校長先生へのインタビュー

校長先生の思う、先生の役割とは、クラスの
皆が「学ぶのって楽しいな」と思う空気作りを
すること。ひとりひとりのモチベーションが
上がる環境をつくること、だそうです。

さすが!同感!生徒のモチベーションを上げる
ためには先生のモチベーションも上がって
いないとね!

先生の採用基準は、この学校のファミリーに
なってくれるかどうか。コミュニケーションを
活発にして良好な人間関係をつくっているそうです。

日本の職員室ってなんか、重苦しくて全然
楽しそうではなくて殺伐としてるイメージ。

先生の心の状態が良くなけれ、生徒たちに
本気で向き合ってあげることなんてできない
ですもんね。

 

フィンランドの教育

「他人と競争する」のではなく「自分を高めて
いく」支援をする。

できないことに✖をつけるのではなく、
できていることに○をつける。

競争するのであれば「自分」と競争すること。

共通の目標よりも各自が目標を持ち、自分の
強みを活かしていく。

素晴らしいですよね。

私もそんな環境で教育を受けたかったし、
これからの子ども達にそんな環境で学んで
いってほしいなと思います。

 

子どもがなりたい人気の職業

なんと一番人気は小学校の先生だそうです。

理由は夏休みが長いから。

先生が一番人気だなんて面白いですね。

フィンランドに住む友人はFBでフィンランドの
職員室にはいつも驚かされると書いていました。

マリメッコのカーテンがぶら下がっていたり、
ケーキがあったり。

何だか楽しそう♪

そう、学びの場に楽しさは不可欠です。

さすが最先端!

 

まとめ

他人と比べるのではなくてハカリは常に自分の中。

楽しく自分の強みを活かしながら学んでいける
そんな教育に日本もシフトしていくことを
強く願っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です