人生100年時代【家族】

こんにちは。二本松薫です。

 

皆さん、

 

『あなたの寿命は100年です』

 

と言われたらどうですか?

 

「うわー!まだまだ色んなことにチャレンジ
する時間があるぞー!」

 

と思うか、

 

「マジで?そんなに長生きしたくない。」

 

と思うか、どちらでしょう?

 

圧倒的に後者が多いでしょうね。

 

私は10年以上前から覚悟していた

 

私は実際に側で100年人生を見てきました。

 

なんと!!!

 

私の祖父母(義理含)4人が99歳まで生きました。

 

惜しい!なんで全員100歳を越せなかったの?

 

そこに何か大きな壁があるんですかね?

 

最近『人生100年時代』と騒がれていますが。

 

私にとって何ら目新しいことではございません。

 

私は遺伝子的にも100年生きそうな気がしています。

 

ということは、今、ちょうど中間地点

 

まだまだこれからですよ。

 

だから40代後半から準備を始めました。

 

英語をライフワークにできるように。

 

こうやってブログを書いたり、動画を撮ったり
慣れないことをしているのも未来のため。

 

健康に気をつけているのもそう。

 

99歳まで生きた祖父母を側でみてきたので、
私はラッキーなことに100年人生を想像しやすいです。

 

母方の祖父と12年間同居していた義理の
祖母は特に90代でも自立していました。

 

尊敬ものです。

 

振り返ると長生きの秘訣が色々あります。

 

祖父は90代でも腰も曲がらず、頭も冴え、
ボランティア活動までしていました。

 

「長生きするなら、祖父みたいに生きたい!」

 

私はそう思っています。

 

そして、そうできると思っています。

 

五木寛之さんは、50代からは下山の準備だと
おっしゃっていますが、私はまだまだ登るつもりです。

 

準備は早めに

 

趣味でも仕事でも打ち込めること、チャレンジ
したいことを今から見つけておくことです。

 

でないと、暇すぎて苦痛になり「うつ病」
になってしまいます。

 

世の中、暇な老人で溢れかえってしまいます。

 

アウトドア・スポーツは特に良いようです。

 

時は流れ変化する。

 

変化に対応できる人だけが生き残ることができる。

 

50年後の世界ってどうなっているんだろう。

 

ワクワクします。

 

映画の世界がきっと現実化しているんでしょう。

 

まとめ

 

好きな趣味や仕事を見つけておくこと。

 

適度な運動(ウォーキングでいい)で足を
動かしておくこと。

 

食生活に気を配ること。

 

次回は祖父母たちの人生を振り返ってみたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です