祝!2019年東大合格!【子育て】

こんにちは。二本松薫です。

 

やっと開放されました。

 

2年間の闘い、長かったのか短かったのか。

 

努力した分、成功した時の喜びも大きいですよね。

 

戦略を立て、コツコツ1年間努力して結果を
出した息子のことを心底尊敬しています。

 

5歳でスタートした「東大へ行こうゲーム」
ようやくクリアできました。

 

順調に進んでいましたが、最後、1度失敗し
浪人を経験して、ゲームクリアの難しさを
痛感したと思います。

 

どんなゲームも最後のボス戦クリアは難しい。

 

逆にそれが簡単なゲームなんてクリアしても
達成感がないしつまらない。

 

難しいゲームを攻略するほど達成感は大きい。

 

人生はまさにRPGです。

 

また新たなゲームのスタートです。

 

今度はライフワークを見つけ、スキルを磨き
世の中にどう貢献していくかゲームです。

 

東大合格はやはり狭き門

 

去年、現役で東大に合格した仲間達数人は
天才でありコツコツと努力してきた人達です。

 

息子と同じく浪人して東大を目指し共に勉強
してきた仲間たちが多数いました。

 

1年勉強したんだから皆で合格できるだろうと
私は予想していたんです。

 

でも、現実は想像を絶する厳しさでした。

 

一浪して臨んでも合格したのは仲間の半分以下

 

共に河合塾のトップクラスに所属していたのに。

 

才能5×努力5=25

才能4×努力5=20

 

いくら努力が5でも持って生まれた才能により
合計点数に開きが出てしまう。

 

全てはこのかけ算。

 

メンターが昔、教えてくれました。

 

才能5でも努力が3だと15。

 

天才が努力すると凡人は敵わない。

 

だから、自分の才能のある分野で報われる
努力をすることが人生成功の秘訣。

 

息子は自分の才能に合ったゲームを自分で
選んでプレイしてきました。

 

そしてクリアしました。

 

まとめ

 

「東大に合格する子の育て方のコツ」

 

聞かれます。

 

「何か秘訣があるんでしょ?」と。

 

ありますよ、もちろん。

 

「好きなことを好きなだけさせました!」

 

は???

 

ですよね。

 

彼は知識欲旺盛で勉強が好きだっただけ。

 

それは彼の才能です。

 

その才能を邪魔せず応援しただけです。

 

私は一度も彼に「勉強しなさい」と言ったことがありません。

 

「羨ましい・・・ありえない。」

 

周りはびっくりします。

 

「成績が良いことが何より大事」

 

という世の基準に息子が合っているだけ。

 

「東大生の母ブランド」に私は何ら興味はありません。

 

彼が目標を達成したことは嬉しいですけどね。

 

決して弱音を吐かず寡黙に努力し続けた姿を見てきていますから。

 

強いです。

 

そんな息子を誇りに思います。

 

それは東大生であろうとなかろうと。

 

その子の才能を見つけ伸ばしてあげてください。

 

それが先輩ママである私の願いです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です