日本語と英語の違い【英語道】

こんにちは。二本松薫です。

 

英語学習者はまずここを抑えとかないとね。

 

その方が学習効率がいい。

 

まずは双方の特徴を理解する。

 

何事においても基本です。

 

①表記の違い

 

当たり前ですけども。

 

日本語→漢字・ひらがな・カタカナ

英語 →アルファベット

 

②周波数の違い

 

日本語→125~1500Hz

英語 →2000~12000Hz

 

日本語は低音域、英語は高音域。

 

幼児期に英語を聞いておくと良いポイントは
ここ!

 

年齢が上がるほど既に出来がってしまっている
音域を増やすことは難しくなります。

 

日本人にとって高音域の英語は非常に聞き取り
にくいのです。

 

③単語の発音の違い

 

日本語の母音の数→約5コ

英語の母音の数 →約16~20個

 

日本語には「ア」しかないのに、英語では
5コ以上の「ア」の発音があります。
「ラ」には「R」と「L」の区別があります。

 

日本語は全て母音の音で終わる有声音ですが
英語には子音の無声音が多いです。

 

母音の音で終わるカタカナ有声音を普段話して
いる私達は息で話す無声音の出し方を知らない
ため、カタカナ英語になってしまいます。

 

日本語は最低限の口や舌の動きで楽に話せます
が、英語は口は上下左右、舌の位置も大きく
変えないと発音することができません。

 

④話し方の違い

 

日本語→音の高低

英語 →音の強弱

 

日本語は全て有声音であり、音の高低で文章の
意味を理解します。胸式呼吸で楽に話せます。

 

一方英語は音の強弱で話します。息の音である
子音は特に複式呼吸でないと出しにくいです。

 

出しにくい無声音は省いてしまったり、有声化
したり、同化させたりするので余計に日本人は
聞き取れないと感じてしまいます。

 

⑤文法の違い

 

日本語→主語がなくてもよく、最後まで聞か
ないと話の結論がわかりません。

英語 →必ず主語が必要で、その後動詞がきて
「誰がどうする」という結論から入り、その後
補足説明を後ろへ展開していきます。

 

⑥文化の違い

 

日本語→あいまいでもオッケー

英語 →論理的

 

日本人である私達は普段主語を飛ばして話して
いるので、英語を話す時にはまずは「誰が」
から文をスタートしなければなりません。

 

英語はまず「誰がどうしたのか」結論を先に
伝える言語です。

 

日本語とは語順が違うので「主語+動詞」脳
にスイッチする必要があります。

 

日本の文化の中では察したり、あいまいな
表現で通じあえることがありますが、英語の
世界に「あいまい領域」はありません。

 

全て説明が必要になります。

 

⑦聞き手責任 VS 話し手責任

 

日本語→聞き手責任

英語 →話し手責任

 

日本語は「一を聞いて十を知る」ごとく言葉の
裏から表まで推測し、話し手を理解すべきだと
されます。

 

理解できなかった自分が恥ずかしいと思って
しまうので、質問も極端に少ないです。

 

一方英語は話し手責任。相手に正しく意図を
伝えるのは全て話し手の責任。

 

わかやすく説明できなかった話し手が悪いと
されるので質問がバンバンきます。

 

まとめ

 

日本語と英語にはたくさんの違いがあります。

 

まずは英語の特徴である本質をつかんで学習
すれば効率よく使える英語を身につけることが
できます。

 

①必ず「主語+動詞」で結論から文を組み立てること。

 

②音の高低ではなく息の強弱で話すこと。

 

③既に知っている簡単な単語と文法を使って
シンプルに表現すること。

 

英語を使うルールをシンプルに教えてもらえば
誰だって簡単に使えるようになります。

 

世界中の人達がツールとして使いこなして
いるんですから。

 

Let’s enjoy our life!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です