思いをさらけ出す戦略【言語道】

こんにちは。二本松薫です。

 

「気持ちを整理し、さらけ出す。
その熱量に心は動かされる。」

 

さて、2つの戦略についてみていきましょう。

 

日本語の「型」を知る

 

型を破るにも型はいる。

 

基本なくして応用なし。

 

どんな道においても。

 

①たとえる(比喩・擬人)

 

分かりやすい言葉でイメージを共有する。

 

私の大好きな言葉。

 

大好きな坂本竜馬さんの言葉。

 

「今一度日本を洗濯致し候」

 

竜馬さんが意図することは日本を新しくしたい
ということなんだけど」「洗濯という言葉を

用いることで「なるほど、きれいさっぱり
洗いたいのか」と理解を促している。

 

②繰り返す(反復)

 

同じ言葉を単純に繰り返して人々の印象に
残すこと。そして、同じ言い回しや単語を
効果的に繰り返すことでリズムをつくり、理解
を促す方法。

 

まず頭に浮かぶのはこの言葉。

 

”I have a dream.”

 

私は英語の先生なので。

 

キング牧師の有名な演説。

 

スピーチ内に8回も出てくるんです。

 

だから強烈に頭に残ります。

 

文章にリズミが生まれ心に響きやすくもなります。

 

宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ。風ニモ
マケズ」もそうです。

 

最も伝えたいことを短い言葉に落とし込むこと。

 

どうでもいい言葉を繰り返しても意味がありません。

 

③ギャップをつくる(対句)

 

例えば、

 

「負けるが勝ち」

 

常識や現状を否定して未来を明確に描く。

 

自分の言いたいことの逆を前半に組み合わせる。

 

テクニックですね~

 

④言いきる(断定)

 

曇りない言葉で明確な未来を打ち出す。

 

「我が辞書に不可能の文字はない」という
ナポレオンの言葉。

 

断言は人々を導く「旗」になります。

 

「と思います」が意志を弱めてしまう。

 

「考え抜かれた言葉は人々を導く旗になる。」

 

⑤感じる言葉を使う(呼びかけ・誇張・擬態)

 

例えば、

 

「少年よ、大志を抱け」

 

語りかけるように言葉を紡いでいく。

 

言葉を生み出す「心構え」を持つ

 

①たった一人に伝わればいい

 

みんなに伝えようとすると誰にも伝わらない。

 

逆に、一人に伝われば皆に伝わる。

 

文章の前に「あなたに伝えたいことがある」
を付ける。

 

なるほど。

 

覚えてます。数々の梅田さんのコピー。

 

誰一人として平均的な人などいない。
顔を思い浮かべ反応を予測する。

 

②常套句を排除する(自分の言葉を豊かにする)

 

決まりきった言葉が「あなたらしさ」を奪う。

 

「大変遺憾であります。」

 

テレビの謝罪会見で政治家や社長さんたちが
よく使うけど響かないですよね~。

 

当事者動詞しか分からない言葉の方が当然
効力があります。

 

専門用語や完全に理解していない言葉を使わ
ないこと。

 

自分でも理解していない言葉を使って相手に
伝えるなんて、伝わる訳ないですよね。

 

③一文字でも減らす(先鋭化)

 

書ききる。そして、修正を加える。

 

削ることで言いたいことを際立たせる。

 

自分だけのこだわりを削る。

 

削りまくって鋭くするってことですね。

 

④きちんと書いて口にする(リズムの重要性)

 

読みにくい言葉はこころに入ってこない。

 

確かに。

 

経験があります。

 

⑤動詞にこだわる(文章に躍動感を持たせる)

 

動詞には意志が宿る。

 

「私はこの道を全力で走った」

「私はこの道を汗だくて走った」

「私はこの道をひた走った

 

実体験が内なる言葉の動詞を増やす。

 

体験の幅を広げることが動詞の幅を広げる
ことにつながる。

 

⑥新しい文脈をつくる(意味の発明)

 

言葉の意味は時代によって変わる。

 

「○○って、△△だ。」で新しい名前を付ける。

 

例えば、

 

「仕事って、遊びだ。」

 

今、私は本気でそう感じています。

 

こうやって今ブログを書いているのも遊び。

 

⑦似て非なる言葉を区別する(意味の解像度
を上げる)

 

単純化することで失われるものがある。

 

言葉の「意味」の解像度を上げる。

 

例えば、

 

「知識」「知恵」

 

知識は知っている状態を差し、知恵は自分の
ものとして使えるものを差す。知識を頭に
入れるだけではなく身体を動かしながら実践
することにこそ意味がある。

 

おわりに

 

言葉を生み出すために必要なのは動機である。

 

動機が大きければ大きいほど伝えなければ
ならにという使命感が強いほど、自分の
考えていることを正確に、そして、余すこと
なく言葉にしようとする作用が働く。

 

梅田さん、その通りです。

 

私には伝えたいことがある。

 

伝えなければならないことがある。

 

だから、どうやったら伝わるのか考え続けている。

 

この本を鴨頭嘉人さんが奨めてくれた意味も
深く理解します。

 

彼は伝える力が半端ないスピーカーだから。

 

鴨頭さんにも梅田さんにも感謝です。

 

私もグレートプレゼンターになれるよう、
日々、精進します。

 

感謝。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です