プロが行う「言葉にするプロセス」【言語道】

こんにちは。二本松薫です。

 

「伝える力」大事ですよね。

 

今日も仕事上でそれを大いに感じました。

 

言葉を扱っている仕事なんですけどね。

 

伝える力、初期段階の「誤解を招く」
コミュニケーションしか取れない統括者のいる
組織は困ったものです。

 

最低レベル、ステージ1ですよ。

 

改めて「伝える力」の大切さ実感させてもらう
機会を得て感謝です。

 

さて、

 

「本気でものを言おうものなら、言葉を飾る
必要があろうか」

 

ゲーテさん。おっしゃる通りです。

 

素材がよければ味付けは必要最低限でいい

 

話すべき内容である自分の思いがあるからこそ
言葉は人の心に響いたり人に気持ちを動かす
ことができるようになる。

 

どう言おうか、どう書くかではなく、自分の
意見をどう伝えるか、どう書ききるか、で
なければならない。

 

料理に例えるならば、

 

「素材のよさを活かすために料理人は存在して
いる。そのため素材がよければ味付けは必要
最低限でいい。むしろ、よい素材を見極める
目利きの力こそが料理人の神髄である。」

 

その通りですわ。梅田さん。

 

一方こうであったらどうでしょう。

 

「私は料理人として最高のスキルとテクニック
を持っている。そのため、どんなに素材が悪か
ろうが顧客が満足して帰る料理を提供する
ことができる。プロの料理人としては当然のことだ。」

 

食べたくない~

 

誰もが食べたいと思っているのは、よい素材を
使ってつくられたおいしい料理であり、どんな
ものでもいいから、おいしい料理ではない。

 

よい素材が揃っていなければ、いい料理が
生まれることがないように、思いや気持ちが
なければ、いい言葉は生まれない。

 

どんなに美しく、耳ざわりのいい言葉が並んで
いようとも心から思っていないことであったり
相手を騙してやろうという邪の気持ちから
発せられたものであれば意味がないだけでなく
有害ですらある。

 

おっしゃる通りです。さすが!
例えがわかりやす過ぎます。

 

思いをさらけ出す

 

そこには2つの戦略があるらしいです。

 

1.言葉の型を知ること

 

2.言葉を生み出す心構えを持つこと

 

この両輪を同時に回してこそ、言葉は相手に
まっすぐと進んでいくそうです。

 

次回に続きます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です